スルーホール実装

スルーホール実装はどんな実装方法なのか

ハンダ付けを裏側で行う

基盤実装を行う方法の代表的なものとして、スルーホール実装というのがあります。スルーホール実装は、プリント基盤にドリルで穴をあけて、その穴に部品のリードを通して取り付ける方法です。リードは基盤の裏側でハンダ付けされます。

そのため、スルーホール実装の方法で基盤実装をした場合には、基盤の表側にハンダ付けの跡がありません。部品のみ見える形になり、外見的にもスッキリとした印象を受けます。裏側から見ると、部品のリードとハンダ付けの跡が並ぶような具合です。

また、スルーホール実装では、部品をしっかりと固定できるのがメリットです。揺れたり衝撃を受けたりしやすい環境で電子機器や家電製品を使用する場合に向いています。部品が取れてしまうことがなく、長持ちするでしょう。

また、一度設置した部品を交換したり、位置調整をしたりする作業もしやすいものメリットです。そのため、基盤を製造するときだけでなく、試作品を作るときなどにも使われています。

スルーホール実装が用いられる部品の種類

スルーホール実装は、主にリード部品を基盤に取り付ける際に用いられることが多いです。リード部品の代表的な例としては、電解コンデンサーやダイオード、トランジスタなどが挙げられます。

リードが本体部分から飛び出ている形状をしているため、リード部分を穴に通すことが可能です。そのため、裏側でハンダ付けするスルーホール実装のやり方とよく合っています。

また、電子機器を使用している最中には、基盤が高温になることもあるでしょう。スルーホール実装なら、放熱性に優れているため、熱を持ちやすい電子機器の基盤実装で用いられることが多いです。部品の取り外しがしやすいことから、修理をする機会が多い場合にも向いています。

しかし、スルーホール実装は、製造コストが高いのがデメリットです。プリント基板に穴を開ける作業があるため、どうしても工数がかかりコストもかさんでしまいます。

また、スペースが必要になることから、小型のデバイスにはあまり向きません。